Darts MokoMoko - ダーツ モコモコ | GRIDFRAME | 空間アーティスト集団−店舗内装・店舗デザインの東京・青山グリッドフレーム

WORKS

Darts MokoMoko

ダーツ モコモコ

2014/5 東京都日野市高幡1004-2カラオケ・モコモコ内
空間プロデュース・デザイン内容:ダーツコーナー 店舗デザイン・内装・看板

戦争は果てしなく続いていた

国境の広大な原生林では、もう戦闘はすっかり日常的なものになり、
皆、死を賭けているという感覚すら失っているようにも見えた

それもそのはずで、
ぼくら兵士たちが生まれた年には、すでに戦争は始まっていたのだ

平和な時代を知らないぼくらには、戦争は食べて寝ることと少しも変わらない

隣国の人間は鬼畜だと教わった

だが、ぼくらにはインターネットがあって、
隣国にもぼくらと同じような喜びや悲しみがあることを知っていた

ぼくらは馬鹿じゃない

そんなふうに教える人間たちこそ鬼畜だと思っていた

それでも戦闘では、相手を殺さねばならなかった
ぼくは引き金を引く時には、決して相手の顔を見ないようにした

そして、これがゲームであることを祈り、眼を閉じた

そう、いつもと同じだ

だが、今日はいつもと同じではなかった

眼を閉じた瞬間、胸に衝撃を感じ、ぼくは地面に仰向けに倒れた

ようやくぼくの番が来たのだ、と思った



ぼくは死んだのだろうか?

ぼんやりとなにかが見えた

死んだ後も、ぼくらは夢をみるのだろうか?



ぼくは先程、ぼくの前で
ドサッという音とともにうつ伏せに崩れ落ちた男とダーツを興じていた

森に墜落した輸送機の中なのだと思う

きっと何十年も前に墜落したのだろう

錆びて朽ちた穴が拡がって、つる植物が光とともに室内に侵入して繁茂していた

音もなく静かだ

ダーツが的に刺さる音だけが微かに反響する

きっと誰もたどり着けない森の奥深くにいるのだ

その男を撃つ前に、ぼくは顔を見ていないので、その輪郭はぼんやりしている

彼の1本目はブルの1センチほど左に突き刺さった

11ポイントだ

まずまずの腕前なのか、偶然なのか

彼は軽く舌打ちをして、2本目を投げた

今度はアウターブル内の左上部だった

25ポイント

彼は上級者だ、と確信した

彼は満足げに、ぼくの方を見て笑った

3本目は明らかに20のトリプルリングを狙ったものと思える

これもやや左に外して、5のトリプルリングに突き刺さった

彼は、声を立てて笑った

そして、やわらかい声で、「君の番だ」と言った

ぼくは微笑んで、ようやくぼくの番が来たのだ、と思った

続きを読む



CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら