staff-blog

2015.02.05 STAFF BLOG

欲しいものは探して買うではなく、作るという選択肢。

今日も寒いですね。
しんしんと雪がふっている。という言葉が好きです。
日本語の擬音語の中でも、これほどに言い得て、風流なものを私は知りません。
今日はしんしんという感じではないですね。残念。


さて、タイトルに書いた「欲しいものは探して買うのではなく、作るという選択肢」というお話。

私たちの会社には、ものづくりが好きな人がたくさんいます。
(というか、グリッドフレームに就職する時点でそういう人しかいないのでしょうね。笑)
製作に関わっている以外の人も何かしらものづくりのバックグラウンドを持っています。
家具屋さんにいた人、芸大出身の人、大道具だった人、趣味でものを作っている人、服のリメイクしてる人、バイクの改造してる人などなど。
なので、基本的にこんなのが欲しいなと思ったらみんな”作る”という選択肢を持っています。
けれど、だれもがそれをできるわけではありません。

探しても探しても、自分の思い描くものが見つからない、、、
作れたらどんなにいいか!!
しかし、道具がない、知識がない、技術がない、なんとなくの雰囲気しか欲しいものが分からない、細かい作りのところまでは分からない、
いかにも素人が手作りした安っぽいものなんていらない、時間もないし、、、、
だから近いものを探す。

それならいっそのことグリッドフレームに発注しませんか?
モノづくりが好きな集団だから、普段からモノづくりをしているから、きっとあなたの思った以上のものを作りますよ(^^)
空間づくりの仕事が多いですが、基本的にはオーダーメイドに対応できるモノづくり集団です。
新しいことにワクワクしながら真摯に向き合って取り組みます。

そして今向き合っているのは、鹿の頭の剥製。
これをグリッドフレームらしく改造してください、何してもいいです!とのこと。
担当じゃない人もおもしろそうだと首を突っ込んで、あーでもないこーでもないと楽しかったです。
さて、出来上がりはどうなるのでしょうか、楽しみです。

鹿_2

haru

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら