staff-blog

2015.04.10 STAFF BLOG

オーガニックコットンのカーテンをグラデーションに染色しました

今回は、布の染色方法です。
カーテンってどうも家庭的になりがちで、モダンな空間をつくりたい時にいつも悩みます。
今回は、思った通りのカーテンがなかったので自分で染めました!
目標はグレーのグラデーションカーテンです!

オーガニックコットンで黄色味の少ない白のカーテンを用意します。
今回は更衣室用のカーテンなので透けないように2枚重ねにしています。
染める前日に中性洗剤で洗って乾かしておきます。

用意するものは・・・
①染料(今回はダイロンのプレミアムダイの黒を使いました!)
IMG_0938
②大きな桶(6.25L+染めるものを入れる容量のあるもの)
③温水(40度、温水器から出るものでOK)
④塩
⑤ゴム手袋
⑥汚れてもいい服
です。

今回は、グラデーションに染めたいので白のまま残したい部分に袋をかぶせて紐でくくります。
そしてこの図にしたがって
IMG_0939

染料を250mlのお湯で溶かします。
この時、2Lのペットボトルを使うと振りやすく溶けやすいです。

そして、桶に250gの塩を入れて、6Lのお湯で溶かします。

ここに染料の半分を入れてよく混ぜます。
端切れを入れてみて色を確認します。
IMG_0945
思ったより濃いのでさらに6Lの水と250gの塩をいれて薄めました。
そしてカーテンの半分くらいを付けてよく揉みます(約3分)。
そうすることでムラなく染まります。
残りの染料を全部入れます。
次に6分の1を約15分漬け置きします(たまに揉みます)。
最後に12分の1を約15分漬け置きします(たまに揉みます)。
IMG_0937_2
(この時点では少し紺色?藍色?っぽです)
いい濃さになったので、一度水ですすいでみました。
すると、一番濃いところがまだ足りなそうだったのでさらに45分漬け置きしました(たまに揉みます)。
この時、注意点が2つあります。
1,水洗いのときは濃い所から洗い、色がでなくなってから薄い所へ移る。そうしないと、濃い色が薄い所に移ってしまいます。
2,2度染めの時、薄い所は水でぬれたままにしました。このことによってさらに濃くならずに済んだと思っています。

最後に良く水洗いした後、中性洗剤で色が出なくなるまで洗います。
IMG_0940_2

染色したカーテンは日に当たると変色するので日陰で乾かします。
出来上がりはこんな感じ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

理想通りのカーテンができました(^^)!
とっても簡単なので是非試してみてくださいね(^^)

注意点:
1,カーテンは洗うと縮むものが多いです。あらかじめ大き目に作っておきましょう!作ってもらう際は、縮み率がどれくらいか聞くと教えてくれますよ(^^)
2,ダイロンプレミアムダイは染めるのがとても簡単ですが、化学繊維は基本的に染まりません。天然繊維でも素材によって染まり方が全然違うので必ず端布で試してから染めてみることをおススメします!
3,糸がポリエステルだった場合、糸だけが白いままになってしまうのでその辺も要注意!

haru

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら