staff-blog

2014.09.03 STAFF BLOG

新作メニューブック

【新作】
こんなのも作ってみました!
試作中には怪奇現象も!?

新作は、御徒町のフレンチ・イタリアンのお店で使うメニューブックに付けるプレートです。
銅版にステンシルを施し、それ以外を削ったり硫化させたりして良い具合の味を出しました!こんなメニューブックならおいしそうな料理、よい香りの料理が載ってそうですよね♪
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参考:硫化には温泉の素として市販されている610ハップ(ムトウハップ)を使用しています。表面が黒っぽくなり、濃淡が出来てとても趣のある風合いを作れます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
試作段階でのこと、
田中さんと堀さんが濃いめの610ハップで硫化させた後、削って風合いを出そうとしたところ、水のようなものがシュワシュワと勝手に発生!!! 真夏の怪奇現象!?調べてみてもそんな話は一向に出てきません。。。

そこで勝手に推理してみました。(分かる人は是非教えてください!!)
硫化銅を作る時に同時に硫化銅水和物が出来ていて、それをやすることで程よい熱が発生し、加熱脱水が起こり硫化銅無水物(白色)と水が発生したのではないかというのが私の勝手な推理です。(水が出た後表面が白っぽくなっていた)
化学式としてはCuSO4・5H2O → CuSO4 + 5H2Oですかね?
世の中には不思議なことがいっぱいありますね。
錬金術の魅力に嵌る気持ちが少し分かった気がしました。。

haru

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら