staff-blog

2015.04.06 STAFF BLOG

単位展に行ってきました!

現在21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?」に行ってきました。
014a8d8c2261a56edbe174f532913b939444921bbb
(何度かお世話になっているナカダイさんの廃材を用いた看板ですね!いい感じです!)

世界にあるとらえにくいものに基準を与えることで、比較や共有を可能にしたのが「単位」ですが、
その知恵や道具の数々は改めて感心するものでした。
また、その単位を違う角度から見る展示もありとても面白かったです。
おすすめです。私はもう一度行く予定にしています。

写真撮影可能だったので、いくつか作品を載せますね。
まずは、単位のはたらきについて。大事ですよね。
0147a4246e1137406748e6fd3ebd1bed46b895a85a

100cm記念を祝う。
01c44183258fa7764e5e92b0f469dc52826c5d5121

「りんごの大きさを手で表してみて」と言われた時にどのぐらいのサイズか、かざした手の形を認識し、その手の形がりんごの形に近いか、それとも他のもののサイズに近いかを表示してくれる作品。以外とおおきさ感覚は持っているものですね。
012815e07dd81582b07060f1ba5be269db3a8ebf51

単位の体験。
01fc2299741bfdbffced72612caedc3ac177ac9fd9 015dce18608f955750620bd6ee12188df3a31f7a85 0142be78f30f7136fab9df3e0247620dbbb61e8917 01dced799a4d2c44dba1effc1b3f09361bbbb2de75 01b52c4a0f1076e543ba8dd59d1042f5898551c600 01baca1ee15959652477ae402e706dc1b62892998e 01a6efc233baaab4b0f78ad11c9bc3ec650002a118
中にはマッハ1を体験できる作品もあったのですが、動画禁止だったので撮影は断念。

情報の比較。
情報の単位ってあまり実感がないですよね。
01b5f5fe04040e87a64d08a4aa7e204525c01ab8a9 01a313976a1688098e6c83fd5bbf2966edf698997c

言葉の重み。
濁点を1gと仮定し、それぞれの文字の面積比から重さを計算している。
意味を持つものの重さとの関係という面白い展示でした。
「しごと」と「かてい」、重いのは「かてい」だったり、「あい」と「かね」は「かね」だったり。
一番接戦だったのは、このワード。
010685f2932ac28715dac7ab9c364a3082caabaae1

一秒の重み。
私が乗っている間は何秒で、地球が何m自転したのかがわかる。乗っている間足もとで秒を数えて振動する揺れがなんとも心地よかったです。
写真は佐治君。
0104c90f018f41c87fdbdd49746a6854b0a969a7d7

単位しりとり。
012894dee0f0601bd8cc307219bf40ab9561d79695 01f84d8e69ecb8e1b65c0689aafeeb49843ffb544e

などなどほかにも興味深い作品がたくさんありました。単位を測るための色々な知恵に脱帽です。

もしかしたら私の身の回りにもまだ単位待ちのものがあるんじゃないかなときょろきょろしています。

仕事終わりに西さん、後藤君、佐治君と私で行ったのですが、画質を体感する展示で遊ぶ3人。YKKですね笑
015761b3c4096b34fe6e90f083330a32691b224ef2

haru

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら