concept

2013.10.24 CONCEPT

クライアントと同じ方向を向く

1231-3

私たちはクライアントと同じ方向を向きます。逆に言えば、クライアントに向き合ってはいけないと考えています。

それは、お店というものは、カスタマーのための空間であるべきで、クライアントの好みに合わせてつくることがカスタマーのためになる、とは限らないからです。

お店の空間づくりに関しては、私たちはプロとしての自覚を持っています。

だから、私たちはクライアントが実現したい未来像を共有し、クライアントと同じ方向を向いて空間をつくらせていただく中で、忌憚ない意見を主張させていただきます。

すべては、クライアントの未来像の実現のためです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら