concept

2014.10.25 CONCEPT

地方の景観を美しく変えていく

1261

なんだろう、この風景は?

田んぼの風景が終わると、またさっきと同じ町並みが見えてきた。ファーストフード、ファミレス、ショッピングセンター、ホームセンター、衣料品専門店チェーン・・・

50kmほど国道を行くと、いくつかの町を通り抜けることになるが、町の風景はすべて同じだ。

交差点に表示される地名だけがさっきの町との違いだ。きっと、住んでいる人々はそれぞれに違う歴史を歩んできたに違いないが、現在の姿にはその差異がすべて消されてしまっている。「人」を感じないのだ。

これが地方と呼ばれる、ほとんどすべての市町村の風景だろう。

美しさとは、かけがえのなさ、だと信じている。ところが、これらの町の風景はすべて取替えがきくものに過ぎない。

つまり、美しくない。

速くて、安くて、そこそこ品質がよいものであれば、どこにだって供給できる流通システムの発展がこの悲しい状況をもたらした。

地元でこつこつとやってきた商店は、速さ、安さ、品質のうちのいずれかでチェーン店に歯が立たなかったのだろう。

だが、町はまだそこにある。

そこには、しっかりと大地に根を下ろした生活があり、そこから、チェーン店を凌駕する何かを打ち出せる人物が今後たくさん現れるだろう。


私たちは、建築の構想から入り、地元の建築会社さんと組んで建築し、外装・内装を私たちが制作することで、その人物を感じられるようなお店をつくりたい、と考えています。

Exif_JPEG_PICTURE

そこが基点となって、かけがえのない美しい町をつくっていけることのお手伝いができれば、これ以上の幸せはありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら