concept

2016.02.02 CONCEPT

充電された空間

Exif_JPEG_PICTURE

人間は、周囲の環境から目に見えないエネルギーを受け取ったり、吸い取られたりしながら、生きている。

意識的に感じ取れる場合もないわけではないが、ほとんどの人にとっては無意識的にエネルギーのやりとりが行われているだろう。

初めてのお店に入るときなど、その空間が持つ固有の雰囲気によって、新鮮な気持ちになれることがある。

そんなとき、人は無意識的に、空間に何かを発見をしているのだと思う。そうすることによって、きっと空間から目に見えないエネルギーを受け取っているのだ。



一方で、人間はどんなものにも慣れていく。

人生はそう長くもないが、短いともいえない。だから、ほとんどの人生において、日々の生活の中で繰り返し通う空間というものがある。

その空間に慣れることは、悪いことばかりではない。慣れ親しむ、という言葉がネガティブではないように。

だが、だんだんと無意識の発見がなくなってゆき、空間から受け取るエネルギーの量が少なくなっていく。

それがゼロになったとき、人は「飽きた」というのだろう。

2w

そういえば、ぼくは以前、空間について、こう書いたことがあった。

「あるものを存在させると、周囲の空間は時間の経過とともにそれを受け入れようとする。

人が慣れるのではない。空間が受け入れるのだ。」

→ original blogへ



エネルギーは空間の側にある。

あるものを存在させたとき、その存在から放つエネルギーによって、周囲の空間の磁場が変化する。

空間全体のエネルギーが徐々に高まっていくこともある。


理想は、「充電された空間」だ。

毎日そのような状態で人を迎えることができる空間があったなら、人はいつも、高いパフォーマンスを発揮できるだろう。

15w

ぼくらがつくった空間を久しぶりに訪ねたとき、オーナーから「今でも毎日、店に来た瞬間に新しい気持ちになる」と言われたことがある。

それは、ぼくらにとって最高の誉め言葉だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

CONTACT

物件が決まっていなくても、構想段階でもかまいません。
まずはお気軽にお問合せください。
お会いしたら、じっくりと構想をお聞かせください。
未来へ向けた空間づくりに必要なすべての源泉がそこにあります。
私たちの目がキラリンと光ったら、グリッドフレームに火がついた証拠です。
何か立ちふさがる問題があれば、それもご相談ください。
望まれればどこまでも一緒に考えます。

詳しくはこちら